コラーゲンで健康に

近年、コラーゲンは美容に関する成分の中で定着してきていますね。実際問題として、それで大きな問題が生じるというわけではありませんが、できれば知っておいた方が良いと思われます。コラーゲンドリンクは「飲むヨーグルト」などと同じ発想で、コラーゲンを摂取することのできるドリンクとなっています。

特に近年では、食事にあまり時間が取れないという人や、コスト面で抑えたいという人向けに「コラーゲンドリンク」が開発され、話題となっています。そのため単純に美容目的の商品だけではなく、健康食品等、様々な食品にも含まれるようになりました。ローヤルゼリー等と共に、美容のための成分としては定番化しつつあります。

コラーゲンには、摂取の仕方ひとつをとっても様々な方法があります。ただ、「コラーゲンは美容に良い」という認識を持っている人は多くても、そのコラーゲンが体内でどのような働きをするのか、そもそもコラーゲンとは何なのかということをあまり知らないという人も同様に多いと思われます。実際、コラーゲンは人間の身体、特に女性の身体を美しくする上では、非常に大きな効果が期待できます。

CMや紙面上で見たキーワードそのままに理解し、それ以上調べることをしないという状態で、少ない知識の中でコラーゲンを摂取している人はかなりの数に上るでしょう。こういった商品が開発されることでよりコラーゲンの摂取の仕方が広がり、若い人達だけでなく中高年の人達の間にもコラーゲンの流行が起こっているのです。


たんぱく質

コラーゲンというのは「たんぱく質」の一種です。人間の身体にとって、コラーゲンは必須要素なのです。また、コラーゲンをより身近にする、あるいは食事をなかなか摂れない人のための摂取方法の一環として、コラーゲンドリンクが生まれたともいえます。そうなれば、コスト面をはじめ必要量や一日の摂取量など、様々な面でコントロールが可能となるでしょう。

コラーゲンドリンクなどが登場したのは、その重要性があらためて示されたからですね。そのため、コラーゲンを摂取するということは、同時に人間の身体の主成分を補うという意味もあります。しかし、コラーゲンにどんな働きが期待できるのかということを知っておけば、より効率の良い摂取の仕方や、自分にとってどれくらい必要なものかということがはっきりとわかります。そして、その体内の様々な箇所にコラーゲンはあるのです。

体内の全たんぱく質の、実に3割がコラーゲンなのです。様々な効果が期待できるコラーゲンですが、まずはコラーゲン自体に目を向けてみましょう。人間に限らず、ほとんどの動物の中にはコラーゲンが存在しています。具体的にいうと、表皮の下にある真皮が最も顕著ですね。

コラーゲンには、身体に悪い成分やリスクがあるわけではないので、摂取すること自 体に何ら問題はなく、効果を知らないままに摂取し続けても危険が伴うこ とはありません。そもそもコラーゲンとは何なのでしょうか。たんぱく質の一種 であるコラーゲンは、同時に主要たんぱく質でもあります。他にも、骨や軟骨、 あるいは靭帯、腱といった、人間の身体を形成する上で非常に重要な部分に、 コラーゲンは存在しているのです。このコラーゲンは美肌成分として女性には 特に重要視されていますよね。サプリなどでとるのが一般的で利用している女性は 多いのではないでしょうか。


相互リンク
ベッド ホテル



III型コラーゲン

「III型コラーゲン」は細胞の足場となるコラーゲンで、「I型コラーゲン」と共存していることが多いコラーゲンです。「IV型コラーゲン」は4種の中で唯一の非線維性コラーゲンで、上皮細胞の足場となる働きがあります。このコラーゲンが人間の体内のコラーゲンの中でも最も多く存在しているので、おなじみのものということになります。そして、それぞれによって働きが異なります。

コラーゲンは一種ではなく、様々な種類が存在しています。「II型コラーゲン」も線維性コラーゲンの一種で、こちらは関節痛を和らげる働きがあります。I型コラーゲンには、骨に対して弾力性を持たせ、皮膚を強くする等の働きがあります。そのため、漠然とコラーゲンを摂取するだけではなく、そのコラーゲンにどのような効果があるのかということを理解した上で、必要な種類をコラーゲンドリンク等の商品で摂取したほうが効率的なのです。

コラーゲンは、「I型コラーゲン」「II型コラーゲン」「III型コラーゲン」「IV型コラーゲン」の4つに大きく分けられます。厳密にはこの4種類コラーゲンも存在していますが、医薬品や健康食品、化粧品等に含まれるコラーゲンは、ほとんどこの4種のうちのどれかです。そのコラーゲンをコラーゲンドリンクなどで摂取するのには、当然理由があります。

人間の身体の中のたんぱく質において、実に30%を占めるといわれているコラーゲン。「I型コラーゲ ン」は、線維性コラーゲンの一種という分類になります。その理由のひとつとして、コラーゲン の種類が挙げられます。コラーゲンというと一種類しかないように思っている人が多いのですが、 I型など、実は複数の種類があるのです。自分にあったコラーゲンを選ぶためにはそのような 知識も必要になってきます。


美容

数々の効果の中で最も大きな注目を集めるのは、やはり「美容」に関する効果ということになるでしょう。コラーゲンの摂取には、肌の衰えさせずにキープする効果があるのです。コラーゲンドリンクはその最たる例です。そして、この真皮の主成分のひとつが、コラーゲンです。

コラーゲンが美容効果を発揮する箇所といえば、肌や皮膚ということになります。そのため、肌のツヤやハリをキープするためには、真皮を一定の状態に保たなくてはなりません。コラーゲンという成分が美容に良い理由は、見えない部分で肌を支える真皮の状態を確保し、肌にハリを持たせるから、ということを覚えておきましょう。ただ、皮というのは、表皮だけで構成されているわけではありません。

人間の肌と呼ばれている部分は、いわゆる「表皮」の部分です。その中でも、特にコラーゲンに関するものはかなり商品のバラエティが増えたといって良いでしょう。健康、美容といった分野の市場が大きな飛躍を遂げた1990年代から2000年代前半にかけて、様々な美容関連の商品が生まれました。その下にある「真皮」というものが支えているからこそ、皮膚としてあり続けられるのです。

今では、数えきれないほどの種類のコラーゲンドリンクが開発、販売されています。コラーゲンが少ないと真皮はしぼんでしまい、シワやたるみといった 症状が出てしまい、見た目年齢が上がってしまいます。そんなコラーゲンの持つ効果はひとつではなく、複数の効果が期待できます。 コラーゲンは肌、というイメージが強いのですが、実際は更に大きな効果があるのです。体全体をしっかりと守ってくれる成分なども ありますので、女性だけでなく男性にも強い味方だということを知っておきましょう。


健康への効果

コラーゲンの摂取による健康への効果は、複数に亘ります。例えば、コラーゲンドリンクを購入する人の多くは、「美容に良いから」という理由で購入し、定期的にコラーゲンドリンク等で摂取しているのではないでしょうか。この他にも、コラーゲンの役割のひとつとして「関節痛の軽減」が挙げられます。よって、動脈硬化を防ぐことにつながるのです。ですが、コラーゲンの効果はそれだけに留まりません。

コラーゲンは血管を構成する物質のひとつでもあり、その摂取によって血管が強化されます。これはまさに関節痛の原因ということになります。コラーゲンという成分を宣伝する場合、「美容に良い」という点が圧倒的にクローズアップされていますね。実は、コラーゲンは健康にも非常に良い成分なのです。そのため、不足してしまうと軟骨が磨り減りやすくなり、骨と骨のクッション部分がなくなってしまうのです。

免疫力とは血液中の白血球が体内に入った毒物、古細胞等を消化する能力のことで、これが衰えてしまうことで皮下組織に毒物等の不要物が溜まり、炎症を起こすのです。また、動脈硬化の予防にもつながります。そして、免疫力の衰えの原因がコラーゲン不足であるということが証明されています。例えば、アトピー性皮膚炎に関する効果が期待できるという一面があります。

コラーゲンは、軟骨における主成分のひとつです。よって、コラーゲンの摂取はアトピー性皮膚 炎を防ぐことにつながるのです。その中でも特に理由として多いのが、免疫力の低下です。アトピ ー性皮膚炎は、様々な原因があり、根本的な治療が難しい症状のひとつです。 ものすごく有名な病気ではありますが、治療がむつかしい病気としても有名なのです。


最大の理由

コラーゲンドリンク等でコラーゲンを摂取する最大の理由は、ここにあるのです。歩行が困難になるケ ースにおいては、その多くがコラーゲンの不足に起因しています。コラーゲンが体内において担ってい る役割は、美容面だけとは限りません。つまり、本来あるべき物がない、という状態になってしまうた め、当然身体に支障が生まれてしまいます。このようにコラーゲンとは美容のためだけでなく生きていく上でも 必要不可欠なものなのです。

美容面においても、当然コラーゲンの不足によってシワやたるみ等が増えるという問題点がありますが、もっと重大な問題が発生します。人間の体内には必ず存在しているコラーゲン。それは、歩行困難や歯周病等という生活に大きく関わる健康面の問題です。そういう意味では、コラーゲンは他の美容関連の成分とは明らかに一線を画しています。

コラーゲンの不足は、これら日常生活への支障と同時に、動脈硬化や脳卒中など、重大な疾患の原因になることもあります。その役割は大きく、コラーゲンが減少するということは、同時に体内における必須要素が不足していることを意味します。高齢になって、足をちょっと動かしただけで痛くなる理由は、骨と骨の間の軟骨部分が磨り減りすぎて、骨同士の摩擦が生じるからです。また、歯周病も歯茎の衰えによって起こる病気ですが、この歯茎を形成する原料のひとつがコラーゲンで、不足すると歯茎が衰え、歯周病になってしまうのです。

コラーゲンドリンク等で摂取することを推奨する最大の理由は、不足することで問題が発生する、という点なのです。それは、 コラーゲンの不足が最大の原因となります。つまりコラーゲンの役割は、「健康に生きる日常を守る」という点に尽きるのです。 どうしても不規則になりがちな現代人ですが、この本来の基本である健康的な日常と食生活をきちんとすることだけでも 解消につながるのです。




コラーゲンドリンク等で摂取

可能な限り、コラーゲンドリンク等で摂取しておくことが推奨されているコラーゲンですが、摂取しすぎた場合に何か問題が生じるのでは…という不安を持つ人もいるかもしれません。その場合、美容に対して逆にマイナスになったり、健康に影響を及ぼしたりすることがあり得るだけに、コラーゲンに関しても心配する人がいるのは当然のことでしょう。結論からいえば、コラーゲンの摂取によって副作用が発生するということはありません。よって、常識の範囲内であれば、コラーゲンを摂り過ぎることで問題が生じることはありません。

元々体内にある成分であり、その体内のコラーゲンは1日あたり2g程損失するといわれており、5gの摂取で十分に補填できます。とはいえ無駄に摂取しすぎることは、コストの観点からしてもあまり得策とは言えないでしょう。特に美容関連に関しては、多くの人が老けたくない、いつまでもキレイでいたいという強い気持ちから、過剰に摂取する傾向が見受けられます。

コラーゲンを摂取すればした分だけ肌がツルツルになるのかというと、そういうわけではありません。あまりにも大量に摂取しすぎると腎臓に負荷がかかってしまいますが、これはあらゆる成分、あらゆる食品に関していえることであり、コラーゲン特有の副作用ではありません。実際、健康や美容に関しての補助食品や補助成分の中には、摂取し過ぎることで問題が生じるものもあります。

適量を摂取することが重要なのです。コラーゲンドリンク等で摂取する場合は、コラーゲンの含有量をチェックすると良いでし ょう。コラーゲンの摂取量として適切な量は、一日に5g程度です。 適量を守らないと効く薬もきかなくなりますので、十分に注意しましょう。いくらよいものでも過剰摂取は逆に体に悪影響が 出る場合もあるのです。